maru-furniture

Masahiro ISHIMARU / Furniture and spatial artist    

木のこと

f:id:maru-furniture:20180122190809j:plain

VEGETATION Ⅱ / table   1993

AUXIN / chair  1992

 

私の家具は杉やひのきなど香りのいい日本の木材を多く使っています。

丸太から製材された板を自然乾燥して使いますが、天然の木は家具になってからも呼吸をし続けているので伸び縮みしたり反ったりもします。

 

一般には 合板や集成材で作られたものも “木の家具” といわれていますが、合板はチップされた木と接着剤や薬品などを使って工場で作られたものです。

80年代に家具を作り始めた頃は手間がかからなく便利なので使ったこともありますが、当時の合板は質も悪く、吸塵の設備も持っていなかったので夜中に咳き込んだりすることもしばしばありました。

アルバイトで大量の合板をワゴン車に積んで建築現場まで運んだ時は、目が開かないくらい強烈な匂いで車の窓を全開にして走っていました。

そういった合板の上からさらにシンナー系の塗料を塗ったりすることもあたりまえのように行われていました。(今でもありますが…)


人が暮らす空間とは到底思えませんでした。

 

作業する人にも安全で化学物質などを一切含まない自然のままの家具を作りたいと思うようになり、1992年に "SEQUOIAという本棚を作りました。

f:id:maru-furniture:20180122120731j:plain

木の香りいっぱいのこの本棚は家具になってからもパチパチと音を出すことがあり、まさに呼吸し続ける生き物 (有機物) のようでした。

コンクリートとガラスで作られた都会の無機質なビルにこそこういう生きている家具を置いてみたいと考えるようになり、1993年に初めての個展 "有機生活/ORGANIC LIFE" を開くことになりました。

 

当時日本で "有機" というと、有機水銀や有機リン酸など農薬とか公害病のようなマイナスのイメージしかありませんでした。

農業の分野でも印象が良くないという理由で有機農法ではなく自然農法と呼んでいた時代でした。

 

悪いイメージしかなかった "有機" という単語でしたが、呼吸する生きている家具を表現するためにあえて「有機生活」というタイトルを付けました。


個展のパンフレットをデザインしていただいた羽良多平吉さんから原稿を英訳してくるよう指示を受け、"有機" を辞書で調べた結果、 "ORGANIC" 

という単語に行き着きました。


当時(1992年) の英和辞書によると、

 

"組織の"

 

"流線型の"

 

"植物っぽい" 

 

などと訳してあり、

最後に "有機的な" と載っていて 今のような健康的な意味合いなどは感じられませんでした。


 f:id:maru-furniture:20180420141640j:plain

当時の "日経イメージ気象観測"という月刊誌に個展のことが掲載され "ORGANIC" という単語が初めてお披露目されました。

 

 また、93年の個展中に "ORGANIC LIFE" のパンフレットを持ち帰った人の中に ある大手企業の人がいました。

その後しばらくして " オーガニック〜 " という商品名(飲み物)のテレビCMが始まり、

オーガニックという単語は日本中で一気に広まり、オーガニックコットンとか有機野菜のように健康的なイメージで使われるようになりました。

 

以来、店舗やオフィスの改築などにおいても、化学物質を含まない材料や自然塗料にこだわり、“木の香り” を大切にした作品を作り続けています。






*インスタグラムもよろしくお願いします。

https://www.instagram.com/masahiro.ishimaru

 

 

 

 

 

 

*家具や店舗改築などのご相談、お気軽にご連絡ください。 090-2180-4192      dian_ishimaru@yahoo.co.jp 石丸正広