maru-furniture

Masahiro ISHIMARU 家具作家 石丸正広の作品     

木の香りいっぱ〜い

子どもの机を七夕の日に納品。
木の香りいっぱ〜い。

f:id:maru-furniture:20160709145003j:plain

楽しくお勉強してね〜!

今頃ですが、私の経歴です。

今頃ですが、私の『家具・空間アーティスト』としての経歴です。

石丸正広
1993年の個展 “ORGANIC LIFE” において日本で初めて“オーガニック”というキーワードを提唱し、化学物質を含まない木の造形家具を発表する。
大量の竹を使った写真展(BENETTON)の施工や等身大の木馬製作(RALPH LAUREN)など、天然素材への強いこだわりは、空間設計にも活かされている。

Masahiro Ishimaru
Born in Sasebo City, Nagasaki Prefecture in 1961.
Starts to design furnitures simultaneous while working with stage acting. In 1993, he became the first person in Japan to advocate the keyword “organic” and present his unique furnitures in his individual exhibition.
His works include ones that used an abundant of bamboos and a life-size rocking horse. His strong passion for natural materials is also best shown in space designs of galleries and offices.

略歴
1961年 長崎県佐世保市生まれ
80年代『演劇集団 円』研究所から『ブリキの自発団』に入り、舞台美術に
       携わりつつ独学で家具を作り始める。
1993年 個展 “ORGANIC LIFE /有機生活” <高円寺 コンプレックス・ギャラリー>
【オーガニック】というキーワードを日本で初めて提唱。
1995年 個展 “ORGANIC LIFE /有機生活”
リビングデザインギャラリー <新宿OZONE
1996年 CINEMA CITY 全館に家具を設置。<立川>
1998年 Hotel Le Meridien Grand Pacific Tokyo オープニングイベントに
巨大な “竹のやぐら” を製作。 BENETTON <お台場>
2003年 東儀秀樹ライブステージに “花のオブジェ” 製作。<サントリーホール
2004年 Intercoiffure World Congress TOKYO(ヘアメイク世界大会)において、
“JAPANight/とっておきのニッポン” を企画・デザイン。
       <ホテルメリディアン>
2006年 “ART de WAKATTA/アートで暮らす” を企画・出展。
       presentation with黒田泰蔵、羽良多平吉、森脇裕之、駒尺喜美、他
2008年 MATOI PUBLISHING本社の家具・照明等を製作。
2011年 ラルフローレン原宿本店に 『等身大の木馬』 を製作。
『神楽坂・光鱗亭ギャラリー』 設計・施工。
2012年 個展 “ KAGULESS ” <神楽坂・光鱗亭ギャラリー>
2013年 『SAKURA PROJECT』 設計・施工 <ルミネ各店>
2015 年 個展 “JAPANeeds concept “ <神楽坂・光鱗亭ギャラリー>

 

木のこと

私の家具は杉やひのきなど香りのいい日本の木材を多く使っています。

丸太から製材された板を自然乾燥して使いますが、天然の木は家具になってからも呼吸をし続けているので伸び縮みしたり反ったりもします。
合板や集成材で作られたものも“木の家具”といわれていますが、合板は大きな工場でチップされた木と接着剤などを使って人間が作り出したものです。家具を作り始めた頃は手間がかからないので使ったこともありますが、当時の合板は質も悪く、吸塵の設備も持っていなかったので夜中に咳き込んだりすることもしばしばありました。大量の合板を車に積んで現場まで運んだ時は、目が開かないくらい強烈な匂いで車の窓を全開にして走っていました。
そういった合板の上からさらに臭い塗料やボンドを塗ったりすることもあたりまえのように行われていました。合板や新建材で作られた気密性の高い高級感のある部屋ほど息苦しいような気がしていました。
「こんな材料で家や家具を作ったらみんな病気になってしまうんじゃないか」と思い、1993年に天然の木にこだわった家具展“オーガニックライフ”を開きました。
以来、部屋の改築やオフィスのデザインなどにおいても、化学物質を含まない材料や自然塗料にこだわり、“木の香り”を大切にしたモノ作りを最優先で考えています。